トップページ 

大会要項
印刷される場合はこちらから

リバーサイドユースリーグ大会要項
 
【 名称 】
リバーサイドユースリーグ(以下、本リーグと呼ぶ)
 
【 協賛 】
株式会社イミオ
 
【 期間 】
4月〜10月
 
【 会場 】
都内各地(原則として参加チームが確保)
 
【 参加資格 】
1) 団体
  東京都に本拠地を置き、(公財)日本サッカー協会第2種に加盟または準加盟しているクラブ
2) チーム
参加チームは「5.リーグ戦参加チームの条件」を満たすチームを編成し、リーグ戦に参加することができる。
3) 参加プレーヤー
(公財)日本サッカー協会に選手登録をしている者(以下、選手と呼ぶ)。
@ 選手は、リーグに登録されたチームからのみ出場できる
A 異なる参加団体間の移籍は、(公財)日本サッカー協会サッカー選手の登録と移籍等に関する規則「第2章移籍」を適用する。
B 同一参加団体内の移籍は、別途定める
 
【 リーグ戦参加チームの条件 】
1) 選手
  @ リーグ登録選手は上限を設けないが、二重登録はできない
A 未登録選手・オーバーエイジ選手は出場することができない
B 特別枠選手は認めない
C (公財)日本サッカー協会よりクラブ申請を承認されたチームは、3種登録している所属選手を実行委員長に(公財)日本サッカー協会からの承認回答書の写しを提出することによって出場できる。
D 追加登録選手の出場は、(公財)日本サッカー協会の選手登録手続き、かつ、リーグ所定の追加完了手続きが完了することにより認められる
選手の追加登録の時期は、高等学校は高等学校体育連盟、クラブはクラブユース連盟に準じる
E 高等学校における1年生は、入学式以降に出場することができる
2) 指導者
@ 高等学校は教諭または学校が認めた20歳以上の成人、クラブは責任能力のある20歳以上の成人が引率しなければならない
A (公財)日本サッカー協会認定指導者ライセンス取得者または教員免許取得者
B 上記@・Aにおいても参加団体の代表者が認めない場合は、指導・引率できない
3) 審判
@ 定められた試合に主審1名、副審2名の審判員を派遣できる
A 主審は(公財)日本サッカー協会4級審判員資格取得者が望ましいが、未取得者の中で審判を志す者でも可
副審は未取得者の中で審判を志す者でも可とする
B 主審は、レフリージャージを着用し、カードを携帯する
4) 会場
定められた試合(ホームゲームまたは最低1試合)を主催できる
5) 代表者会議
代表者会議に20歳以上の成人の役員を派遣し、運営を担うことができる
6) 加盟費
1チーム5,000円
7) 登録費
一人1,000円
 
【 リーグ構成 】
1) チーム数および条件
  @ チーム数
1部リーグ:10チーム
2部リーグ:参加チームの状況に応じて決定
A 2部リーグは、同一団体からの複数チームの参加を認める
ただし、同一団体のチームが同一ブロックに属さないように十分に配慮する
2) 昇格・降格
各部の昇降格については、別に定める「昇降格の方法について」を適用する
3) 新規参加団体が保有するチームは2部リーグから参加する
 
【 競技方法 】
1) 大会形式
  @ 1部リーグ
1回戦総当たりで行い、リーグ終了後、「リーグ編成 2)昇格・降格」で定める方法により昇降格チームを決定する
A 2部リーグ
1回戦総当たりで行い、リーグ終了後、各グループ同順位のチームによる順位決定戦を行い、「リーグ編成 2)昇格・降格」で定める方法により昇降格チームを決定する
2) 順位
@ 勝ちは勝点3、引き分けは勝点1、負けは勝点0として、勝点の多いチームを上位とする
A 勝点が同数の場合、総得点から総失点を減じた数(以下、得失点差と呼ぶ)の多いチームを上位とする
B B 勝点、得失点差が同数の場合、総得点の多いチームを上位とする
C 勝点、得失点差、総得点が同数の場合、当該チーム同士の対戦における勝ち点の多いチームを上位とする
D @〜Cでも決しない場合は、抽選とする
ただし、2部リーグ順位決定戦はPK方式の結果とする。
※ ただし、未消化試合がある場合は、この限りではない
3) 試合方式
@ リーグ戦の試合時間は、1部リーグは90分(45分ハーフ)、2部リーグは80分(40分ハーフ)とする 延長・PK方式は行わない
A 2部リーグの順位決定戦の試合時間は80分とする 80分で決しない場合はPK方式を行う
副審は未取得者の中で審判を志す者でも可とする
B 主審は、レフリージャージを着用し、カードを携帯する
C 競技規則は、当該年度(公財)日本サッカー協会競技規則による
D 各試合の交代等については、以下の通りとする
1部リーグ − 1試合の交代人数を最大5名とする また、同一選手の再出場は認めない
2部リーグ − 1試合の交代人数を最大9名とする また、同一選手の再出場は認めない
E ユニフォームの番号の上限は設けない ただし、大きさについては高体連規約に準ずる
F リーグ戦の試合球は、定められた試合球(sfida VAIS ULTIMO Match5)を使用する
4) 退場・退席による出場停止処分
@ 主審により退場・退席を命じられた選手および役員は、自動的に次の1試合の出場を停止する
その後の処置は、(公財)日本サッカー協会懲罰規程に準拠して、規律委員会(大会実行委員会が兼ねる)で処分を審議する
A 退場・退席による出場停止の消化は、本リーグの試合にのみ適用される
B その他については、(公財)日本サッカー協会「懲罰基準の運用に関する細則」による
5) 警告による出場停止処分
@ 警告が2回となった選手は、自動的に次の1試合の出場を停止する
A 警告の累積による出場停止の消化は、本リーグの試合にのみ適用される
B 警告の累積とそれによる出場停止処分は、リーグ期間終了をもって効力を失う
6) 不可抗力による開催不能または中止
代表者会議に20歳以上の成人の役員を派遣し、運営を担うことができる
@ 前半終了前までに、開催不能または中止の場合は、後日、1部リーグは90分、2部リーグは80分間(順位決定は80分間)の再試合を実施する。
A 前半終了した後、開催不能または中止の場合、後日、1部リーグは45分、2部リーグは40分間(順位決定は40分間)の再試合を実施する
その際には前半の警告、退場、得点のみを有効とする 退場・累積警告による出場停止処分は、次節の試合で消化される
B 前半終了後に中止となった試合において出場停止であった選手は、次節の試合に出場できるが、1部リーグは45分、2部リーグは40分間(順位決定は40分間)の再試合には出場することができない
C 開催不能または中止となった場合、実行委員長及びリーグ責任者に速やかに報告をする
D 再試合の日程が決定した際は、実行委員長及びリーグ責任者に加え、リーグ記録担当へ報告をする
7) 報告
試合の結果は、記録担当チームが試合翌日までにメーリングリストにて報告をする
8) 表彰
1部リーグ・2部リーグの1位のチームは、賞状・記念品授与をもって表彰する
1部リーグ・2部リーグの得点王は、記念品授与をもって表彰する
9) 罰則
@ 参加チームが本リーグの試合を棄権した場合は、全成績を抹消し、当年度の本リーグへは不参加扱いとする
A 参加チームが大会要項に違反した場合は、規律委員会の裁定に基づき処分される
  B 年間予定表に定める期日までに結果報告がなかった場合、当該試合の記録を抹消する
  C 試合が成立しなかった場合、規律委員会において事情聴取の上、罰則を科すものとする
D メンバー表を定められた期日までに未提出の場合は、直近の1試合目を没収試合とする
その後2試合目の2日前までに未提出の場合は、棄権とみなし、全成績を抹消する
E 没収試合となった場合は、対戦チームの3-0とし、勝点3を対戦チームに与える
 
【 会場運営 】
1) 感染対策責任者を各会場ホームチームより1名配置する(会場責任者の兼務も可)
2) 感染対策責任者は、ガイドラインに沿って各事項が順守されているか定期的に確認をする
3) 感染対策責任者は各チームが提出する大会参加同意書、参加同意書とメンバー用紙を確認する
帯同審判・本部役員を含めて1チーム原則を35名以内とする
ホームチームや会場提供チームの原則35名以外は、会場準備・設営が終了した時点で、会場(グラウンド)から退出し、応援・観戦はできない
4) 担架要員は設けない(ボールパーソンのみ) ただし、担架の準備は行う
試合中、担架が必要とされる場合は、自チーム内で対応をする
5) 当面無観客で試合を行う(応援・横断幕無し)
 
【 会場費・審判費 】
1) 会場費
本リーグの試合に供した会場に対して1試合2,000円を会場費として支払う
2) 審判費
本リーグの試合を担当した主審・副審に対して1試合当たり主審1,500円、副審一人につき500円を審判費として支払う